ホーム > 研究

受賞

2018年

女性科学者に明るい未来をの会 第38回(2018年)猿橋賞

受賞者 寺川 寿子 講師

受賞日 2018年4月16日

題 目 地震活動を支配する地殻応力と間隙流体圧に関する研究

今回の受賞について一言
この度,猿橋賞という名誉ある賞を頂きまして,大変光栄でうれしく思います.評価してくださった審査員の方々,学生時代の恩師の松浦充宏先生をはじめ,お世話になった多くの方々に心よりお礼申し上げます.今後は,研究の発展に貢献すると共に,若い世代を育てることにも一層力を注ぎたいと思います.

受賞理由
地殻の地震活動は、そこに働く応力だけでなく、断層強度を支配する間隙流体圧にも依存する。寺川寿子氏の特筆すべき業績は、地震の震源メカニズム解から地殻の応力パターンと地震発生時の間隙流体圧分布を推定する独創的な逆解析手法を開発し、地震の発生に至る地殻の物理過程を観測データに基づいて実証的に明らかにしたことである。これらは、地震発生物理の解明と地震発生予測に向けた研究に質的な発展をもたらすものであり、今後地震災害の軽減に貢献することが期待され、猿橋賞にふさわしい研究業績として高く評価できる。


日本地理学会 2017年度日本地理学会賞(若手奨励部門)

受賞者 崎田 誠志郎 (D3、担当教員:横山智)

受賞日 2018年3月22日

題 目 和歌山県串本町におけるイセエビ刺網の共同体基盤型管理の多様性

今回の受賞について一言
受賞に際して、終始ご指導いただいた横山智先生はじめ地理学の諸先生方、院生各位、ならびに現地の皆さまに厚く感謝申し上げます。分析・考察だけでなくデータそのものの資料的価値が評価されたということは、対象に魅せられたフィールドワーカーとして喜ばしく感じると同時に、これらを記録し伝えていくことの責任を感じています。気持ちを新たに、今後とも研究に邁進してまいります。

受賞理由
イセエビの生態的特徴を活かした刺網の自主的管理を共同体基盤型管理(CBM)としてとらえ,これまで十分に議論されてこなかったミクロスケールでの多様性について,その形成要因を詳細な現地調査から解明した.刺網の空間管理や時間・漁具漁法・参入管理が明らかにされ,CBMの多様化は,各地区の自然環境や社会的条件とその変動に対する漁家集団の応答の積み重ねによって形成されてきたことを導き出した.この分析結果は,他のCBMの実態や事例にも適用可能な研究成果を生み出しているといえ, 共同体による資源管理,コモンズ研究の分野に貴重な成果をもたらし,今後の研究の展開に期待が持てる.またフィールドワークによって得られた結果は,漁業従事者の高齢化に伴って今後得ることが難しくなると予想されるため,資料的価値も高い論文と評価できる.


愛知県 愛知まちなみ建築賞

受賞者 太幡 英亮 工学研究科・准教授

連名受賞 田中英紀(施設・環境計画推進室 特任教授)、奥宮正哉 教授、恒川和久(工学研究科 准教授)

受賞日 2018年1月29日

題 目 名古屋大学NICを中心としたコレクティブ・フォーム(集合体)の形成

受賞理由
名古屋大学NICを中心とした周辺建物の設計・整備による継続的なデザインマネジメントを通じて、良好なまちなみ景観の形成や潤いあるまちづくりに寄与し、地域環境の向上に貢献したため


日本植物分類学会 第12回論文賞

受賞者 西田 佐知子 准教授

連名受賞 若杉有紀(地球環境科学専攻 修了生)、東浩司(富山県立大学)、内貴章世(琉球大学 熱帯生物圏研究センター)

受賞日 2018年3月9日

題 目 Morphological and molecular phylogenetic analyses of Geranium yesoense (Geraniaceae) in Japan.(日本産エゾフウロ種内分類群の形態および分子系統学的解析)

今回の受賞について一言
若杉有紀さんは本研究科の修了生です。この論文は若杉さんを第一著者、corresponding authorを西田として発表したもので、著者全員が受賞の対象となりました。生物の種の定義は難しく、とくに変種レベルの分類群は発表されたものの客観的な整理がされないまま乱立し、混乱を招いている場合があります。そのような混乱の整理にあえて挑んだ末、若杉さんの地道な調査と解析が説得力ある結果を生んでくれました。このような地味な研究を応援してくださった方々、また評価してくださった学会に感謝します。

受賞理由
この賞は、日本植物分類学会が平成29年度に発行した学術誌「Acta Phytotaxonomica et Geobotanica 68(1), 68(2), 68(3)」と「分類 17(1),17(2)」のうち、優れた論文を表彰する目的で設置されたものである。受賞した論文は、Geranium yesoenseの種内分類群の形態的特徴を定量的に評価し、分子系統学的手法によってそれらの種内分類群が支持されないことを示した。地域個体群は細かく分けすぎて分類が混乱することもあり、客観的データに基づいて種内分類群を整理したことは評価されるべきと考える。


日本建築学会東海支部 学生優秀学術講演賞

受賞者 松田 明 (M1、担当教員:丸山一平)

連名受賞 丸山一平 教授

受賞日 2018年3月吉日

題 目 FA及びBFSを用いたジオポリマーにおける反応生成物と物性に関する検討

今回の受賞について一言
名誉ある賞を頂き光栄に思います。論文執筆に当たってご指導いただきました先生方に深く感謝いたします。今回の受賞を励みに今後も研究活動に邁進いたします。

受賞理由
あなたは東海支部が主催する2017年度日本建築学会東海支部研究集会において優秀な発表講演をされました よってここに日本建築学会東海支部学生優秀学術講演賞を贈りこれを賞します



PAGE TOP