ホーム > 教育

教育目標

環境学研究科では、「自然、都市、社会を対象とした専門分野とそれらを融合した環境学に取り組み、世界をリードする研究や実践ができる人の育成」を大学院教育の基本方針としています。教育目標は、「創造力」「応用力」「統合力」。
環境学の基礎に裏打ちされた思考力で環境問題に果敢に取り組む能力、自らの専門領域に閉じない柔軟な英知を身につけ、文理にまたがる幅広い学問分野を自由に咀嚼する能力、および社会や組織を導くことができる中核的な人材として、次世代の新しい学術分野を想像する能力を身につけるための教育プログラムを編成しています。
研究科の理念である「持続性学」と「安全・安心学」の視点で教育・研究を展開するための「体系理解科目」と環境学を構成する諸要素を深く専門的に学ぶ「分野科目」の二つが縦横に組み合わされ、教育目標を実現するよう配慮されています。また、連携プロジェクトへの参加を通じて、社会に実在する環境問題を解決できる実践力を身につけていきます。

シラバス

研究科共通

前期課程

後期課程

地球環境科学専攻

前期課程

後期課程

都市環境学専攻

前期課程

後期課程

社会環境学専攻

前期課程

後期課程

教育プログラム

学内・国内外との連携で、教育・研究プロジェクトも活発に行われています。

国際環境人材育成プログラム

環境問題の解決に貢献する国際的な環境リーダー育成のための教育プログラム(博士前期課程)です。留学生と日本人学生の割合はおよそ2:1。特色ある体系的な教育をすべて英語で行います。


統合環境学特別コース

地球規模から地域規模にわたる環境問題を俯瞰する広い視野を持ち、問題解決に向けた実践的な提案ができる人材を育成する博士後期課程のコースです。


6研究科連携ESDプログラム

名古屋大学大学院の6研究科(環境学、国際開発、生命農学、工学、経済学、人文学研究科)は、連携して持続可能な開発に関する教育(ESD)を実施しています。


合同建築・都市設計ワークショップ

パリ・ヴァル・ドゥ・セーヌ国立高等建築学校との学術協力・交流協定締結をきっかけに、都市環境学専攻建築学コースとの間で毎年続く建築・都市ワークショップです。お互いの大学を行き来し、都市デザインを提案し合います。



PAGE TOP