ホーム専攻・センター > 社会環境学専攻

社会環境学専攻

社会環境の様態と機能を分析し、政策評価・提言の可能性を追求するとともに、国内外の社会環境性政策に関わる専門家を養成します。

 

環境政策論講座

環境政策について、企業・事業者、NGO、個人にとっての具体的な政策・手法を研究し発信・提案するとともに、理論からフィールド調査、具体的な政策づくりプロジェクトまで、多彩な研究・教育を推進しています。


経済環境論講座

現代経済学の基礎であり、補完的な関係である理論経済学と計量経済学の手法を駆使し、経済のミクロ・マクロの両面から、都市や地域、環境に関わる問題に接近することを志向しています。


環境法政論講座

環境問題の政治的側面についての理解を深めるとともに、問題解決に向けた法のあり方を探るための研究・教育活動をおこなっており、環境法・国際環境法や、環境政治学の基礎理論を構築することをめざしています。


環境政策論講座・経済環境論講座・環境法政論講座は、「政策学分野」という共通の枠組みで博士前期課程(修士課程)の入試を行なっています。
政策学分野のウェブサイトへ


社会学講座

社会学の伝統と諸潮流をふまえてアジア発のグローバルな社会学理論の展開をめざすと同時に、国内外の地域と多様なフィールドで調査を行い、社会問題の解明と政策提言に向けた研究を推進しています。


心理学講座

人間の行動に影響を与える「心」の働きを明らかにするため、多様な研究方法を用いて、心理学の幅広い分野にわたって基礎分野と実践的領域の研究、そしてさまざまな手法を習得できる教育を行っています。


地理学講座

全国的にも地理学分野の拠点大学となっています。研究教育活動は人文地理学・自然地理学の諸分野に及んでおり、ゼミはそれぞれの専攻者が一堂に会して行われ、大学院生は広い視野の下で専門的な研究を高めることができます。



PAGE TOP