ホーム > 研究科について > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

本研究科は、環境学を支える自然、都市、社会を対象とした伝統的な専門分野を深化させるとともに、専門分野の融合により環境問題解決への道筋を示し、さらに、その成果を専門分野の発展に還元させることをめざします。

幅広い環境問題に対応するために、本研究科は、

惑星としての地球とその表層の大気・水圏の性状、動態、変遷を探究する地球環境科学専攻

都市の社会基盤、建築物などの人工環境を創造し、水・緑・土壌などの自然環境との調和を図る都市環境学専攻

人間の行動とそれを取り巻く社会環境との関連を考究し環境政策を提言する社会環境学専攻

から構成されています。

これらの文理にまたがる専攻間の連携によって、持続可能かつ安全・安心な社会の実現をめざす環境学の研究・教育を実践します。

環境学研究科が育成しようとする人
人類社会の中での自らの役割を見出すことができ、国際的に活躍することができる、次のような人を育成することをめざします。
 ・専門分野の創造的推進、環境学の創成を担う人
 ・状況が変化したとしても専門的知識を柔軟に応用できる人
 ・異分野の成果を統合して環境問題に果敢に取り組む人
特に、地球環境科学専攻は、地球の環境に関する科学的知見の深化を通して社会に貢献できる人材、都市環境学専攻は、人の視点に立って、毎日の生活の場である建築、都市、あるいは地域における自然環境-人工環境-人間環境の新たな関係を自ら創出できる人材、社会環境学専攻は、価値規範の妥当性と科学的客観性を備えた政策評価・提言の可能性を追求する人材、あるいは国内外の社会環境政策に関わる様々な分野の要求に応えることのできる人材、
を育成します。

環境学研究科が求める人
確かな基礎学力を持つ次のような人を、広く日本全国および国外から受け入れます。
社会人も歓迎します。
 ・専門分野の深化をめざす人
 ・横断的な思考力の獲得を志す人
 ・環境問題の解決、新たな学問分野の開拓への意欲を持つ人

環境学研究科の入学者選抜
専門分野および英語の基礎学力とともに、専門知識応用力、横断的思考力、勉学意欲などを評価する試験を行います。留学生や社会人向けの選抜も行います。


PAGE TOP