国際環境法  (3400481)
English
専攻,課程  :  社会環境学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  内記香子 教授
単位数  :  2
学期  :  春学期
講義時間帯  :  火曜    4限
講義場所  :  全学C444
 
目的・ねらい
【授業の目的】地球環境問題に適用される国際的なルールとしての「国際環境法」の基礎と、地球環境問題に取り組むための「グローバル環境ガバナンス」を理解することを目的とする。
【授業の到達目標】環境保護をめぐる課題解決のための手法とアクターの多様性を理解し、課題解決への積極的可能性を考えていく。
【該当 DP】DP1
授業内容
★初回の授業は、4月21日(火)の予定です。Zoomを使いますので、授業に参加希望の人は事前にメールを送ってください(naiki.yoshiko@k.mbox.nagoya-u.ac.jp)。Zoomのリンクを送ります。

授業構成としては、まず、1.地球環境問題をめぐる基本的な制度デザイン(アクター、規律手段、履行方法)を理解した上で、2.地球環境問題のケースを扱い、さいごに、3.実際に地球環境問題を研究する手法を身につける、という流れになっている。

次の3つのテーマに分けて講義、ディスカッションを行う。
1  地球環境問題をめぐる国際秩序、グローバル・ガバナンスを理解する
(1)地球環境問題をめぐる多様なアクターの把握
(2)問題解決の手段:条約とソフト・ロー、プライベート・レギュレーション
(3)環境レジームとその他のレジーム間の関係を考える
(4)約束の実施の方法:裁判所の利用とそのほかのソフトな手段、国家による一方的措置  
                        
2  具体的な地球環境問題を(上記の観点から)考える
(1)気候変動政策
(2)化学物質規制
(3)廃棄物問題

3  フィールドワークの技法:各自のテーマでアクターをマッピングしてインタビュー計画をたてる  

◎  毎回、次回のテーマに関連した課題をだすので、その課題について考えて取り組んでくること                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
成績評価方法・基準
(1)平常点(出席と議論への参加)50%、(2)学期中のプレゼンテーションの評価50%、で点数をつけ、100点満点で60点以上を合格とする。毎回のクラスにおけるディスカッションへの参加は、すべての学生に期待される。合格の基準は、国際環境法およびグローバルな環境ガバナンスの特性を理解し、その機能を批判的に検討できているかどうかである。
教科書
教科書は指定しないが、講義中に適宜、リーディングを指示する。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
・参考書は講義中に適宜、指示する。
・講義中の質問は、授業中や授業後に自由にしてください。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
・Email: <naiki.yoshiko@k.mbox.nagoya-u.ac.jp>
・居場所:情文北棟420  
・面談は事前にメールでアポイントメントをとってください.
 
戻 る