経済社会学  (3400900)
English
専攻,課程  :  社会環境学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  福井康貴 准教授
単位数  :  2
学期  :  春学期
講義時間帯  :  水曜    1限
講義場所  :  全学C343
 
目的・ねらい
【授業の目的】この授業では、新しい経済社会学(New Economic Sociology)の視点や概念、調査研究手法を習得し、それを応用して調査研究を遂行する能力を養う。
【到達目標】1)経済現象を社会学的に捉えるための概念やものの見方を習得する。2)経済社会学の調査・分析手法を理解し、調査研究に応用する能力を身につける。
【該当DP】DP1
授業内容
4月22日(水)1限に開講します.NUCTやZoom等を使用した授業となる可能性があります.
受講予定の方は4月17日(金)までにfukui.yasutaka@a.mbox.nagoya-u.ac.jpまで連絡してください.

【授業の構成】授業では社会ネットワークを取り上げ、主に以下の内容で構成される。

1: The difference with social network research
2: Fundamental network concepts and ideas
3: Thinking about networks: Research questions and study design
4: Social systems and data structures: Relational ties and actor attributes
5: Network observation and measurement
6: The empirical context of network data collection
7: Ethical issues for social network research
8: Network visualization: What it can and cannot do
9: A review of social network analytic methods
10: Drawing conclusions: Inference, generalization, causality and other weighty matters

【授業時間外学習の指示】毎回、受講者が発表を行う。指定する文献を各授業前に読み、論点を整理しておくこと。


成績評価方法・基準
報告・議論への貢献(60%)+研究発表(40%)。出席率が2/3以下であれば欠席とする。
教科書
Robins, Gary, 2015, Doing Social Network Research: Network-based Research Design for Social Scientists, London: SAGE Publishing.(ISBN: 978-1446276136)

https://uk.sagepub.com/en-gb/eur/doing-social-network-research/book241817
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
参考文献は授業中に適宜指示する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
E-mail:fukui.yasutaka@a.mbox.nagoya-u.ac.jp
居室:全学教育棟本館415号室
 
戻 る