環境法  (3400480)
English
専攻,課程  :  社会環境学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  増沢陽子 准教授
単位数  :  2
学期  :  秋学期
講義時間帯  :  火曜    4限
講義場所  :  全学C444
 
目的・ねらい
【授業の目的】
本授業は、環境問題とその対応の法的側面を認識し、具体的な環境問題について法的観点から分析し、問題解決の方法について検討する上で必要な基礎的能力を養うことを目的とする。
【到達目標】
1) 環境法における基礎概念、アプローチを理解している。
2)具体的な環境問題・政策について、法的観点から分析、評価することができる。
【該当DP】
DP1
授業内容
【授業の構成】
以下の内容を扱う。教員による講義を中心とするが、事前に配布する文献に基づく学生による報告と議論の機会も設ける。
1. 環境法の意義
  環境の意義、歴史、特徴、関連学問領域との関係について学ぶ
2. 環境法の基本理念・原則
  環境法の基本理念・原則と考えられる事項について学ぶ
3. 政策手段としての環境法
  環境政策の目標実現のための手法の類型、及びその法的側面について学ぶ
4. 日本の環境法制
  日本の環境実定法の体系、その形成・運用のプロセス、いくつかの主要な個別制定法制度の概要、について学ぶ
【授業時間外学習の指示】
各回の授業内容に関する復習
事前に配布する文献に関する報告及び/又は議論の準備




成績評価方法・基準
学期末のレポート(70%)
報告及び討論への貢献(30%)
教科書
授業ごとにレジュメを配布する。併せて文献を配布する場合がある。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
大塚直『環境法』〔第3版〕(有斐閣、2010年)
大塚直『環境法BASIC』〔第2版〕(有斐閣、2016年)
北村喜宣『環境法』〔第4版〕(弘文堂、2017年)
その他、講義中に適宜紹介する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
masuzawa.yoko@h.mbox.nagoya-u.ac.jp
 
戻 る