生態学セミナー1C  (3400803)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  II 類
授業形態  :  演習
担当教員  :  依田  憲 教授, 夏原由博 教授, 杉谷健一郎 教授
単位数  :  2
学期  :  春学期
講義時間帯  :  月曜    4限
講義場所  :  教員研究室
 
目的・ねらい
生態学は、生物と環境との関係を、個体、個体群、群集、生態系の各階層におけるシステムとして扱う学問分野である。本セミナーでは、生態学とそれに関連する幅広い分野に対する理解を深めるとともに、生態学的トピックについて自ら学習し、取り組む能力を養う。また、さまざまな時空間スケールで現れる生態学的パターンとそのメカニズムについて理解する。特に本セミナーでは、生物個体群に関わる問題を数理的手法と野外調査を用いて解明するための方法論について学ぶ。【該当 DP】DP2
授業内容
個体群生態学のモデルの概要と野外調査計画立案のために必要な個体群生態学の基礎的な事項について、研究論文の紹介や、独自に立案した研究計画・実験計画の発表をおこない、皆でディスカッションする。

授業計画
1.個体群成長のモデル
2.個体群動態:密度依存要因と密度独立要因
3.生命表データ解析法
4.分布解析
5.サンプリング法
6.個体数推定法
7.種分布モデル
8.メタ個体群
9.集団遺伝学的方法
10.DNAメタバーコーディング
11.環境調査
12.植物群落調査
13.実験個体群
14.個体群の調査計画
15.個体群調査データのまとめ方
また履修者は本セミナーで実施される研究倫理教育ガイダンスの受講を必須とする。

参加者はセミナー前に指定のテキストを読んでおくこと。
成績評価方法・基準
発表の内容(60%)、授業への参加態度(積極的質問)(40%)により評価する。
教科書
"Introduction to Population Ecology", Larry L. Rockwood, Wiley-Blackwell
"Ecology: Individuals, Populations and Communities", M. Begon et al., Wiley-Blackwell
"An Introduction to Behavioural Ecology", Davis et al., Blackwell Publishing
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
適宜指示、資料を配布する。
授業言語
・スライド・資料: 一部英語
・口頭説明: 日英両方
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
依田 憲: yoda.ken@nagoya-u.jp
夏原由博: natuhara@nagoya-u.jp
杉谷健一郎: sugi@info.human.nagoya-u.ac.jp
 
戻 る