生命農学本論  (3400791)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  谷口光隆 教授(代表)
単位数  :  1
学期  :  春学期
講義時間帯  :  火曜    1限
講義場所  :  日本語クラス:農12講  英語クラス:農5講
 
目的・ねらい
  生命農学は、生命科学の基盤の拡充、生物機能・生物資源の高度利用、生命共生環境の創出・保全、および持続的生物生産と先端生命科学の技術開発を通して環境に調和した人類の発展を目指す総合的な学問分野である。本講義では、生命農学研究科における「教育と研究の基本方針」「社会的貢献の基本目標」「教育と研究の体制」について理解を深めるとともに、生命農学を構成する学問領域における最先端研究のあり方について考究し、さらに、社会的および国際的観点から生命農学について俯瞰することを目的とする。
授業内容
1.生命農学研究科の「教育と研究の基本方針」「社会的貢献の基本目標」「教育と研究の体制」について
2.森林圏環境・資源科学領域における最先端研究
3.植物生産科学領域における最先端研究
4.動物機能・生産科学領域における最先端研究
5.生命分子機能科学領域における最先端研究      
6.社会的観点からの生命農学
7.国際的観点からの生命農学
成績評価方法・基準
毎回の授業への取り組みとレポートにより評価する。
教科書
プリントを適宜配布する。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
日本語の講義と英語の講義をそれぞれ開講する。
時間割を参照すること。

授業言語については日本語クラス・英語クラスで異なるため、正しくは以下を参考とすること
・スライド・資料: 日本語クラス:日英併記、   英語クラス:英語
・口頭説明: 日本語クラス:日本語、  英語クラス:英語
・英語による質問への対応: 日本語クラス、英語クラス共に可
授業言語
・スライド・資料: 日英併記
・口頭説明: 日英両方
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
taniguti@agr.nagoya-u.ac.jp
 
戻 る