先カンブリア地球学  (3400782)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  杉谷健一郎 教授
単位数  :  2
学期  :  春学期
講義時間帯  :  月曜    1限
講義場所  :  情報2講
 
目的・ねらい
地球史の約8割を占める先カンブリア時代の生命進化と地球環境進化を概観し、酸素発生型光合成の進化やスノーボールアース等、重要となる各種イベントの理解を通じ、環境学の基礎に関して十分な学識を身につけるとともに、環境にかかわる諸問題に関して幅広い関心を持ち、知識を習得することができる。
授業内容
先カンブリア時代の地球についてまず概観し、生命進化やそれに関連する環境進化の理解に必要な基礎知識を講義する。そして重要なイベントについて、英文の辞典を文献として用い、受講生に解説・発表してもらう形で理解を深める。

1.講義の進め方、学生に対する評価方法について説明する。
2.先カンブリア時代とは
3.生命の起源:化学進化と細胞進化について概観する
4.先カンブリア時代の生命痕跡:化学的、鉱物学的痕跡
5.先カンブリア時代の生命痕跡:細胞様、堆積学的痕跡
6.光合成とその進化:概説
7.光合成とその進化:文献を用いた演習
8.大酸素事変と酸素オアシス:概説
9.大酸素事変と酸素オアシス:文献を用いた演習
10.真核生物の進化:概説
11.真核生物の進化:文献を用いた演習
12.スノーボールアース:概説
13.スノーボールアース:文献を用いた演習
14.エディアカラ生物群:概説
15.エディアカラ生物群:文献を用いた演習
成績評価方法・基準
発表(40%)とレポート(60%)により評価する。
教科書
特に指定しない。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
Encyclopedia of Geobiology (edited by Reitner and Thiel, Springer)他を適宜用いる。
授業言語
・スライド・資料: 一部英語
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
sugi@info.human.nagoya-u.ac.jp, 789-4865
 
戻 る