物理海洋学  (191134)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  相木秀則 准教授
単位数  :  2
講義時間帯  :      
講義場所  : 
 
目的・ねらい
地球上の海洋の全熱容量は大気の全熱容量の約1000倍あります.このため海洋は熱帯域の加熱と極域の冷却の間を繋ぐパイプの役割を果たします.海洋の循環や波動を理解する為には,特に横方向の壁(=陸地)の影響が鍵となります.本授業では黒潮の流路変動,エルニーニョ現象のような気候変動,グリーンランド沖での深層水の形成といったさまざまな時空間スケールの現象を理解する為の基礎を学びます.
授業内容
1 海洋物理学と関連分野
2 風成循環と熱塩循環
3 大気海洋相互作用,鉛直混合,海底地形
4 衛星観測,船舶観測,係留ブイ,漂流ブイ
5 成層流体の運動方程式
6 密度座標系,渦位の保存則
7 1.5層モデル
8 内部重力波,慣性振動
9 ロスビー波,準地衡渦度方程式
10 スベルドラップ循環,渦粘性
11 サブダクション,エクマンスパイラル
12 熱塩循環の多重平衡解
13 傾圧不安定
14 エネルギー収支
15 赤道波
成績評価方法・基準
出席とレポート
教科書
特に定めない。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
地球流体力学入門  木村竜治著
ラプラスから200年  廣田勇著
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/64084/1/1152-14.pdf
授業言語
・スライド・資料:
・口頭説明:
・英語による質問への対応:
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
E-Mail: aiki@nagoya-u.jp
TEL : 052-789-3433
居室 : 研究所共同館1-731号室
 
戻 る