大気水循環論  (191124)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  坪木和久 教授
単位数  :  2
講義時間帯  :  水曜    2限
講義場所  :  環境共用館大講義室
 
目的・ねらい
大気水循環を理解する上で降水を伴う気象現象の理解は不可欠である。湿潤大気中に起こる降水現象を理解し、大気水循環の仕組みを解明するために必要な大気物理学の基礎を習得することを目的とする。
授業内容
気象学に関する基礎知識を前提として、大気熱力学、大気力学、気象擾乱の基礎について講義する。
成績評価方法・基準
講義への積極的参画状況及びレポートにより評価する。
教科書
特になし。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
気象力学通論(小倉義光著、東京大学出版会)を薦める。
授業言語
・スライド・資料: 一部英語
・口頭説明: 日英両方
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
研究所共同館631号室/内線3493  坪木和久 教授
tsuboki@nagoya-u.jp
 
戻 る