地球学1  (191012)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  檜山哲哉 教授(代表)
単位数  :  2
講義時間帯  :  火曜    3限
講義場所  :  環境共用館大講義室
 
目的・ねらい
宇宙地球環境を一つのシステムとしてとらえ、その関連分野を広く俯瞰する。その後、太陽-地球-生命相互作用系(SELIS)の成立について深く理解する。本講義では、宇宙地球環境の関連分野を専門としている教員4名が、それぞれ3回ずつオムニバス方式で講義を行う。本講義は、受講生が自分の専門以外の分野についても興味を抱き、自らが進める研究の位置づけと意義を考える「場」を提供するものである。
授業内容
先ず太陽−地球系を理解し、地球周辺大気とプラズマ環境の変動を理解する。その後、地球表層(陸域生態系と海洋生態系)における水循環と物質循環の基礎を学び、現在生じている気候変動(地球温暖化)とそれに対する人類の適応について考える。最後に、地球の軌道・自転変動と気候変動の関係を学びながら太陽-地球-生命相互作用系(SELIS)の成立をふり返る。
成績評価方法・基準
受講態度(出欠)、中間レポート、期末レポートの結果により、総合的に評価する。
教科書
渡邊誠一郎・檜山哲哉・安成哲三 編(2008):『新しい地球学 −太陽-地球-生命圏相互作用系の変動学−』,名古屋大学出版会.
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
必要に応じて資料を配布する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
代表教員(宇宙地球環境研究所・檜山哲哉)
hiyama@nagoya-u.jp, 052-789-5439, 研究所共同館611号室
(個別の質問については、各回の授業時に、担当教員に直接質問すること。)
 
戻 る