水文気象学  (3400789)
English
専攻,課程  :  地球環境科学専攻   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  栗田直幸 准教授, 檜山哲哉  教授, 藤波初木  講師
単位数  :  2
学期  : 
講義時間帯  :      
講義場所  :  環境共用館大講義室
 
目的・ねらい
水惑星「地球」の気候形成を理解する上で、エネルギーと水の循環の理解が重要である。本講義では、特に陸上における熱・水・物質循環の基礎と、それらの測定原理および安定同位体を用いた水循環過程を理解する。 また、局地規模から全球規模の熱・水循環の実例を紹介し、その形成過程を理解する。
授業内容
・地球規模のエネルギー・水循環に対する陸面過程の役割
・大気境界層と陸面過程
・熱・水・物質輸送の観測とモデル化
・安定同位体と水・物質循環
・アジアにおける熱・水循環
成績評価方法・基準
出席回数、受講態度、中間レポート、期末レポートにより、総合的に評価する。
教科書
近藤純正 著(2000)『地表面に近い大気の科学』.東京大学出版会.ISBN:4-13-062707-4.
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
必要に応じて資料を配布する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
代表教員(宇宙地球環境研究所・栗田直幸)
nkurita@nagoya-u.jp, 052-789-3478, 研究所共同館609号室
(個別の質問については、各回の授業時に、担当教員に直接質問すること。)
 
戻 る