建築実務設計実習3  (234045)
English
専攻,課程  :  都市環境学専攻   後期課程
科目区分  : 
授業形態  :  実習
担当教員  :  建築学系長
単位数  :  4
講義時間帯  :  集中    
講義場所  : 
 
目的・ねらい
建築実務設計実習1および2、講義、演習等で学んだ内容を活かして、建築士事務所等、実務経験者の指導の下で実務を体験しながら、現場に即してより実践的な知識や技術、職業倫理を身に付ける。
授業内容
学生は、意匠設計、環境・設備設計、構造設計から1つの専門領域を選択する。授業は、実務経験が豊富な一級建築士・建築設備士の指導のもとに実施する。
[意匠設計]
・建築士事務所等に出向き、設計図書の作成等の建築設計の補助業務を行う。
・長期休暇中(1年時の夏期、春期、2年時の夏期等)の4週間(120時間以上)及び事前ガイダンス・報告会
[環境・設備設計]
・建築士事務所等に出向き、設備設計図書の作成等の建築設備設計に関する補助業務を行う。
・長期休暇中(1年時の夏期、春期、2年時の夏期等)の4週間(120時間以上)及び事前ガイダンス・報告会
[構造設計]
・建築士事務所等に出向き、構造設計図書の作成等の建築構造設計に関する補助業務を行う。
・長期休暇中(1年時の夏期、春期、2年時の夏期等)の4週間(120時間以上)及び事前ガイダンス・報告会
成績評価方法・基準
研修報告書および報告会の発表より、総合的に判断し、合否で評価する。
教科書
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
「学生教育研究災害傷害保険」及び「学研災付帯賠償責任保険」に必ず加入すること
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 不可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
 
戻 る