応用構造学実習F  (234544)
English
専攻,課程  :  都市環境学専攻   後期課程
科目区分  : 
授業形態  :  実習
担当教員  :  尾崎文宣 准教授, 長江拓也 准教授
単位数  :  1
講義時間帯  :  木曜    3限
講義場所  :  環境講2
 
目的・ねらい
建築構造設計実務に関する構造実験、材料実験、振動実験・計測、地震観測、地盤調査、数値シミュレーション解析等の実習を行い、レポートをまとめるとともに、最新の技術や研究動向、成果等についてもとりまとめてプレゼンテーションを行い,質疑応答を行う。
本科目は博士後期課程・後期に開講される。
授業内容
建築構造設計実務に関する実習やその成果、構造・材料工学分野における研究成果の報告と議論を行う。
1〜4)博士後期課程3年次の大学院生による建築構造設計実務に関する構造・材料工学分野の研究発表を行う。各発表後に大学院生全員による質疑・討論を行う。
5〜8)博士前期課程2年次の大学院生による建築構造設計実務に関する構造・材料工学分野の研究発表を行う。各発表後に大学院生全員による質疑・討論を行う。
成績評価方法・基準
実習成果、発表、討論内容を総合的に評価して80点以上をA、70点以上をB、60点以上をC、60点未満をD(不合格)とする。
教科書
なし
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
なし
授業言語
・スライド・資料: 一部英語
・口頭説明: 日英両方
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
ozaki@dali.nuac.nagoya-u.ac.jp
nagae.takuya@c.mbox.nagoya-u.ac.jp

 
戻 る