環境社会システム工学  (3400280)
English
専攻,課程  :  都市環境学専攻   前期課程, G30 (環境土木工学プログラム)   前期課程
科目区分  :  I 類
授業形態  :  講義
担当教員  :  谷川寛樹 教授, 藤田  壮 客員教授, 藤井 実 客員教授, 戸川卓哉 非常勤講師
単位数  :  2
学期  :  春学期
講義時間帯  :  火曜    2限
講義場所  :  環境講3
 
目的・ねらい
学生は、本講義を通じて、環境学の基礎に裏打ちされた思考力で環境問題に取り組む能力の涵養に資するため、以下の事項を理解・習得する。
1.環境システムと人間生活・経済の相互関係
2.環境・資源・経済のつながりについてシステム的な考え方、分析方法
3.気候変動、資源循環などの環境問題
4.地域、国、地球レベルでの環境管理の手法
授業内容
【新型コロナウイルス感染症対応に係る授業の実施方針】
※初回授業・ガイダンスは5/12(Tue)10:30~12:00、ZoomとNUCTを利用して行います。
※授業はオンライン(Zoomによるリモート講義、NUCTによる資料配布)で行う予定です。
方法の詳細は受講者にNUCT経由で連絡します。
※受講希望は下記で受け付けます(締切は4/24)。
https://meikai.ilas.nagoya-u.ac.jp/
アンケート番号  108206


1.環境システム:環境資源と人間活動
2-3.水、大気、エネルギー、物質循環、 環境容量
4-6.地球温暖化モデル
7-9.産業連携
10−12.産業連関分析
13-14.都市構造と微気象のシステム分析

さらに講義時間外での学習として毎回の講義内容に関連したレポートを課す。
成績評価方法・基準
レポート(100%)。毎回出席して、次回の予定について指示に従うことが必須である。また、講義は、基本的に、英語で行われる。授業への出席率が80%未満の者は不可とする。
教科書
必要に応じて講義中に配布する
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
必要に応じて講義中に配布する
授業言語
・スライド・資料: 英語のみ
・口頭説明: 英語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
tanikawa@nagoya-u.jp
環境総合館505号室
 
戻 る