総合防災論1B(社会編)  (3400015)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  高橋  誠 教授, 室井研二 准教授
単位数  :  2
学期  :  秋学期
講義時間帯  :  水曜    1限
講義場所  :  環境講1
 
目的・ねらい
  自然災害は、かつては「自然の現象」と考えられてきたが、近年は「社会の問題」として捉えられるようになっている。それゆえ、自然災害の研究には、自然現象としてのハザードや具体的な防災・減災活動のみならず、その背後にある社会の構造や、災害前後の長期間にわたるその変化に関する理解が不可欠である。この授業では、こうした災害の社会的な側面について人文社会科学の観点から総合的に講究し、分野横断的観点から安全・安心学にアプローチする方法論を獲得する。
  受講者が授業終了時に、①自然災害に対する社会学・心理学・地理学のそれぞれのアプローチの特徴について説明できること、および、②それらを自分の専攻分野における災害研究と対照させた上で新しい防災の考え方について論考できることを目標とする。(DP3、DP5)
授業内容
  この授業では、災害はなぜ起こり、どのように被害が発生するのか、人々は災害にどのように立ち向かい、どのように立ち直るのか、その後被災地や被災者は災害に強くなるのかといった、自然災害をめぐる古典的な問いを、社会学・心理学・地理学の観点から考えていく。
  最初に災害と社会の問題を捉えるための基本的な概念を説明し、その後、社会学(室井研二)、心理学(木村玲欧、非常勤講師)、地理学(高橋誠)を専門にする3名の講師がそれぞれ4コマずつ担当し、斯学分野のアプローチについて講究する。東日本大震災、阪神・淡路大震災、伊勢湾台風のほか、スマトラ地震や四川大地震などを事例として取り上げる。最後に受講生も参加して総合討論を行い、受講生自身が専攻する学問分野と人文社会科学との比較を通して、新しい防災の考え方について議論する。また、その他の講師をゲストとして招聘し、特定のトピックについて講演してもらう。
  なお、非常勤講師担当分の授業は、土・日あるいは水曜日(午後)に実施する(詳細は未定)。災害・防災の総合的な理解のために、「総合防災論1A」や「総合防災論2」を併せて履修することが望ましい(この授業は、地球環境科学、都市環境学、社会環境学のすべての専攻の学生が履修できる)。スケジュールの詳細は、初回授業時に説明する。
  参考書等による予習・復習を必須とする。また、それぞれの分野に関する理解度を測るために、ひとつの分野終了時にそれぞれレポートを課す。詳細は、初回授業時に説明する。
成績評価方法・基準
  上記の分野別3レポートと学期末のまとめのレポートと総合討論での議論への貢献度とによって、到達目標に関する達成度を評価する。レポートについては、授業と時間外学習をとおして得られた知識に基づいて論理的に考察し論述できることを評価の基準とする。
教科書
統一的な教科書は使用しない。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
  重要な参考書は初回授業時に提示する。また、追加の参考書は適宜授業の中で紹介する。授業内容に関する質問には、各授業終了時に担当教員が対応する。また、主担当教員(高橋)が随時受け付け、必要に応じて担当教員に照会する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
環境総合館623、makoto.takahashi@nagoya-u.jp(高橋)
 
戻 る