環境コミュニケーション  (000019)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  Victor Muhandiki 特任教授
単位数  :  2
講義時間帯  :  火曜    5限
講義場所  :  環境講2
 
目的・ねらい
環境問題について英語で学び、考える能力を育成し、その能力をプレゼンテーション、または議論を英語でするために生かす。
授業内容
環境問題は一つの国固有の問題でないので、環境学を学び、これを実践していくためには国際的なコミュニケーション能力が必要不可欠となる。本講義では、国際的なコミュニケーション言語として英語を取り上げ、さまざまな環境問題について分析し英語で政策提言し討論を行う。自らの主張を訴え説得する国際的なコミュニケーション能力を高めることを目指す。
1. オリエンテーション
2. グループディスカッション(母国での環境問題について)
3. グループプレゼンテーション(母国での環境問題について)
4. グループディスカッション(環境問題に関する映画について)
5. グループプレゼンテーション(環境問題に関する映画について)
6. グループディスカッション(次の授業でディベートされる環境問題)
7. グループディベート
8. 自由ディスカッション(課題は、クラスによって決定される)
9. プレゼンテーション(履修生のうち希望者数名が興味あるトピックについて発表する)
10. ディスカッション:持続可能性とは何か?
11. 各自プレゼンテーション
12. 各自プレゼンテーション
13. 各自プレゼンテーション
14. 各自プレゼンテーション
15. 各自プレゼンテーション
成績評価方法・基準
プレゼンテーションの内容,ディスカッションへの貢献度とレポートによって評価する。授業への出席率が80%未満の者は不可とする。
教科書
特になし。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
履修条件・注意事項等:特になし
質問への対応:講義終了時に対応する。
授業言語
・スライド・資料: 英語のみ
・口頭説明: 英語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
担当教員連絡先:内線 6495 victor (at) urban.env.nagoya-u.ac.jp
 
戻 る