人間生態システム論  (000010)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  夏原由博 教授
単位数  :  2
講義時間帯  :  水曜    2限
講義場所  :  環境講1
 
目的・ねらい
人間社会の持続性は人間と生態系との関係の理解なしには考えられない。持続社会実現のために自らの役割を見出し、国際的に活躍するために、異分野の成果を統合して環境問題に果敢に取り組む能力を習得する。特に、生態学を専門としない学生を対象に、生態系の仕組みや人と自然の関係、それらの変化について、生態学的な視点から学ぶことを通じて、持続性とは何か考えるための基礎力を身につける。
授業内容
(1) 生態系サービスと自然資本
(2) 生命の本質と進化理論
(3) ねずみ算では増えないネズミ:個体群(生物集団)の分布と変動
(4) 親の心子知らず:生存と繁殖の戦略
(5) 食うものと食われるもののネットワーク
(6) 昨日の敵は今日の友:相利共生の起源と論理
(7) 種の多様性と生態系の機能
(8) 魚のために木を植える:生態系のつながり
(9) 沈黙の春:生物の絶滅
(10) お爺さんは山へ柴刈りに:人と自然の共生
(11) 都市のグリーンインフラストラクチャー
(12) 保全生態学(外部講師)
(13) 湧水湿地の生態学(外部講師)
(14) 菌根共生(外部講師)
(15) まとめ
成績評価方法・基準
レポートによって上記ねらいに関する理解度を評価する(70%)。また授業での発表や議論内容を評価する(30%)。授業の欠席については減点し、規定に従って失格とする。
教科書
特に使用しない。
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
授業時において適宜提示する。
授業言語
・スライド・資料: 日英併記
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
情文北棟227、natuhara@nagoya-u.jp(夏原)
 
戻 る