◆環境と法  (000164)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  増沢陽子 准教授
単位数  :  2
講義時間帯  :  木曜    1限
講義場所  :  全学教育棟C445
 
目的・ねらい
この授業は、環境法の基本的考え方や特徴を学ぶことにより、環境問題の生成と解決に法がどのように関わるかを理解するとともに、具体的な環境事象に対処する際にその法的側面についても考えられるようになることを目的とする。
授業内容
教科書に従い、次の内容を扱う。
1. イントロダクション
2.環境法の射程
3.環境法政策の目標、理念等
4.環境訴訟、行政的紛争処理・救済制度
5.環境法制度の仕組み
6.環境法に関わる主体

毎回の授業では、前半は教員による説明を主とし、後半は質疑と議論にあてる。
成績評価方法・基準
平常点(議論への貢献、課題提出など)    50%
最終レポート    50%
最終レポートを提出しなかった者及び出席が全体の2/3に満たない者は、「欠席」とする。
教科書
北村喜宣『改訂版  現代環境法の諸相』NHK出版、2013
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
毎回教科書の1章を扱う。参加者は、該当章に目を通すとともに、章末の演習課題の準備をして授業に臨むこと。詳しくは、最初の講義で説明する。
授業言語
・スライド・資料: 日本語のみ
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
masuzawa.yoko@h.mbox.nagoya-u.ac.jp
 
戻 る