◆環境政策論  (000144)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  竹内恒夫 教授
単位数  :  2
講義時間帯  :  火曜    3限
講義場所  :  環境講2
 
目的・ねらい
環境に負荷をもたらしているさまざまな社会経済システムを改革し、持続可能な社会を実現するために必要な政策・取組の企画・立案、実施能力の涵養を目的とする。
授業内容
1  オリエンテーション
2  持続可能な発展
3  環境政策の発展段階
4  環境政治
5  効率戦略/代替戦略/充足戦略
6  エネルギー自治
7  環境NGO
8  環境起業
9  気候保護政策
10  循環型社会形成政策
11  生物多様性保護政策
12 環境税制改革
13  環境政策の手法
14 持続可能な未来のための政策パッケージ
15  総括  
成績評価方法・基準
毎回のミニレポート(50%)、講義・現地視察での議論への参画度(30%)。最終回のグループで議論への参画度(20%)。
教科書
社会環境学の世界
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
適宜提示
授業言語
・スライド・資料:
・口頭説明:
・英語による質問への対応:
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
tsuneo_takeuchi@nagoya-u.jp
電話/FAX 052-789-5643。環境総合館627。
 
戻 る