温暖化概論  (000080)
English
専攻,課程  :  研究科共通   前期課程
科目区分  :  体系理解科目
授業形態  :  講義
担当教員  :  甲斐憲次 教授, 篠田雅人 教授, 長田和雄 教授, 藤田耕史 准教授 ほか
単位数  :  2
講義時間帯  :  火曜    1限
講義場所  :  環境講1
 
目的・ねらい
理学・工学・農学・社会学・国際政治学の専門家による領域横断的型の講義を通じて、「温暖化によって、近未来の環境がどうなるか」を科学的に理解します。具体的には、①温暖化の仕組み 、②温暖化による自然環境の変動、③社会への影響と対応、④国際政治と将来への展望を学びます。時間外学習としては、4つの分野ごとに環境問題を考察し、レポートを作成します。本講義は領域横断型講義とレポートの作成により、創造力・応用力・統合力の育成を目指します。
授業内容
講義日  講義題目                        講師

第 1回  ガイダンス----------------------甲斐憲次
            
<温暖化の仕組み>
第 2回  温暖化の仕組み------------------神沢  博
第 3回  温室効果ガスとエアロゾル--------長田和雄
第 4回  過去再現と将来予測--------------須藤健悟
第 5回 古気候--------------------------中塚  武

<自然環境への影響>
第 6回  降水変動------------------------増永浩彦
第 7回  海洋変動------------------------相木秀則
第 8回  植生への影響--------------------山口  靖
第 9回  氷河変動------------------------藤田耕史
第10回  砂漠化--------------------------篠田雅人

<社会への影響と対応>
第11回  水資源への影響------------------谷口真人*
第12回  環境共生型建築------------------奥宮正哉
第13回  温暖化ダウンスケーリング--------飯塚  悟
第14回  都市・社会基盤施設の対応--------加藤博和

<まとめ>
第15回  国際政治と将来への展望----------米本昌平**
成績評価方法・基準
出席(20%)と4回のレポート(80%).
教科書
特になし.
参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
甲斐憲次編著, 2012:『二つの温暖化−地球温暖化とヒートアイランド』、成山堂。
Stocker, T.F. et al. ed., 2013: Climate Change 2013: The Physical Science Basis, Cambridge University Press.
Barros, V.R. et al. ed., 2014: Climate Change 2014: Impacts, Adaptation, and Vulnerability, Cambridge University Press.
Edenhofer, O. et al. ed., 2014: Climate Change 2014 - Mitigation of Climate Change, Cambridge University Press.
授業言語
・スライド・資料: 一部英語
・口頭説明: 日本語のみ
・英語による質問への対応: 可
担当教員のE-Mail, TEL, 居室など
kai@info.human.nagoya-u.ac.jp, TEL & FAX 052-789-4257, 環境総合館726
オフィスアワー:木曜日13:00-14:00
 
戻 る